居宅介護支援事業所 ふじおか

介護保険を利用するには
どうしたらいいの?

今後の介護が不安…
だれかに相談できるかしら?

そもそも
どんなサービスがあるの?

家の掃除など
ヘルパーさんに
手伝ってもらいたい。

こんなお悩みありませんか?

今後の介護が不安…
だれかに相談できるかしら?

介護保険を利用するには
どうしたらいいの?

家の掃除などヘルパーさんに
手伝ってもらいたい。

デイサービスに行きたい。

そもそもどんなサービスがあるの?

\ 私たちは介護の相談窓口です /

お悩みを解決するお手伝いをさせていただきます。

\ 私たちは介護の相談窓口です /

お悩みを解決するお手伝いをさせていただきます。

ケアマネジャーは中立公正な立場をとり、ご利用者・ご家族が一番良い介護が受けられるように一緒に考え、サービスの提案やサービス事業者との調整をしていきます。(介護保険で受けれるサービス

居宅介護支援とは、

ケアマネジャーとよばれる介護支援専門員(正式名称)が、利用者の必要としている介護保険サービスを適切に利用できるようにケアプランの作成などを行ってくれるサービスです。

ケアプランがなければ介護保険サービスを受けることができないので、ほとんどの方が居宅介護支援でケアプランを作成しています。

ケアマネジャー利用料は全て介護保険で賄われるため、 料金は発生しません。 介護のことでお困りになったらいつでも気軽にご連絡ください。

居宅介護支援

サービス

1

ケアプラン作成

ケアマネジャーが心身状況や置かれている環境、希望に応じて、適切な介護サービスを利用できるよう、介護の計画書であるケアプランの作成や見直しをします。

2

関係機関との連絡調整

介護サービスを提供する居宅サービス事業者及び介護福祉施設や、市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整を行います。また介護保険や更新の手続きの代行も行います。

3

モニタリング

1ヵ月に1度、ご利用者の自宅を訪問します。作成したケアプランがきちんと機能しているかを確認し、身体状態が変わるなど、必要に応じてケアマネジャーがケアプランに反映し、介護サービスの向上につなげていきます。

ふじおかの特徴

居宅介護支援事業所

資格
下記の資格を持ったケアマネジャーがいるので介護・医療以外に関する情報を提供できます。
たとえば、腰痛や肩こりを解消する手技の指導・実技を行えます。
幅広い対応地域
長崎市全域に対応しています。迅速・丁寧・親切に対応いたします。
動画や写真でのご報告
iPadを使ってご家族にご利用者の状態を動画や写真で報告します。
TEL 095-839-3010
お気軽にお電話ください。電話受付時間は9:00~17:30です。
これからも株式会社フジオカの介護(通所介護・居宅介護支援・介護予防支援)は、皆様に信頼と安心をお届けできるよう努力してまいります。

居宅介護支援事業所 ふじおか

居宅介護支援事業所
ふじおか

事業所番号4270108543

〒851-0101 長崎市古賀町16-2

介護保険では以下のサービスを受けることができます。
まずはお気軽にご相談ください。

ホームヘルパーがご家庭を訪問して、家事や調理、身体介護を行うサービスです。

病状などで、デイサービスなどの利用が難しい方に、簡易浴槽を持ち込みご自宅で入浴を行うサービスです。

コンテンツを日帰りで、入浴や食事、リハビリ、健康チェックをします。レクリエーションや認知症リハビリなど、それぞれのデイによって特徴があります。切り替え

看護師が自宅に訪問し、体調管理や療養的な処置を行います。ご利用にあたっては、主治医の指示が必要です。

理学療法士や作業療法士などが自宅に訪れ、リハビリ訓練を行います。利用にあたっては、主治医の指示が必要です。

介護する方の介護負担軽減や一時的に介護ができない場合の介護をする目的で短期間施設に入所し、日常生活全般の介護を受けることができるサービスです。介護を必要とする「生活介護」と看護を必要とする「療養介護」の2種類あります。

定められた福祉用具を低料金でレンタルすることができます。
(介護保険でレンタル対象となるもの)

〇車いす 〇介護用ベッド 〇床ずれ防止用具 〇体位変換器 〇手すり 〇スロープ 〇歩行器 〇歩行補助つえ 〇徘徊探知機 〇移動用リフト 他
※要介護度によっては利用できないものもあります。

定められた福祉用具について1割負担で購入することができます。
都道府県の指定を受けた業者を利用しないと全額負担となってしまいますのでケアマネジャーに相談しましょう。

〇腰掛便座 〇簡易浴槽 〇特殊尿器 〇入浴補助用具 〇移動用リフト(つり具部分)

介護保険サービスの他に、おむつ支給サービスや理美容サービスなど、知らないと損するサービスがいろいろあります。いずれも相談をしないと利用できない場合があります。

「住宅改修費の支給」として定められた住宅改修について1割負担で改修を行うことができます。(上限20万円)利用にあたっては、まずはケアマネジャーに相談しましょう。
〇手すりの取付け 〇引き戸などへの扉の取り換え 〇段差の解消 〇洋式トイレなどへの取り換え 〇滑り防止及び移動の円滑化などのため、床または道路面の材料の変更 〇その他、上記の住宅改修に必要となる住宅改修

介護保険サービスで不足な部分を民間会社やNPO法人がきめ細かくサービス提供しています。

〇家事援助 〇身体介護 〇外出や通院援助 〇犬の散歩や草むしり、自宅のお掃除など 〇介護タクシー 〇食事の宅配サービス(療養食含む) 〇自宅の見守り・緊急通報システム など

病気や身体状況の悪化で介護が難しくなってきたら、入所サービスの利用を検討していきます。

〇特別養護老人ホーム 〇老人保健施設 〇グループホーム 〇介護付有料老人ホーム 〇療養病床 〇生活型有料老人ホーム など